月別アーカイブ: 2013年6月

私とあなたの1年。そしてこれから…

結婚して1年になります。
結婚式の準備期間はケンカばかりでした。
結婚してすぐもなれない生活にぶつかり合うことが多く、思うとおりにいかないことへの不安や不満から「結婚なんて…」と思ったこともありました。

結婚を期に地元の関西から関東に引っ越してきたので、親も友達もいない地でなれない生活をするのは正直大変でした。

でも1年たって生活になれてきて気がついたことは、寂しくて泣いてしまうときも、不安で眠れない時も、いつもそばで「大丈夫」と励まし支え続けてくれたのは外の誰でもない主人だったということです。

悩みを共有できる人がいるという安心感と心も強さをはじめて感じています。
「悩めるときも、健やかなる時も…」という誓いの言葉は形だけのものだと思っていました。
しかし楽しいことも悲しいことも2人で一緒に受け止められる幸せを毎日感じさせてもらっています。
こんな日々が続いていくように頑張ろうと思います。

ブログ炎上で車内自殺か?

岩手県一戸町の大志田ダム付近の車の中で、通行人が、男性がぐったりしているのを発見して110番通報しました。
その後、岩手県議である小泉光男氏であることが分かったようです。
病院へ運ばれましたが、既に死亡しており、自殺の可能性が高いとされています。
盛岡市の県立中央病院を受診した際に番号で呼ばれたことに腹を立て、「刑務所に来たんじゃない。」といった発言をし、「会計をすっぽかし帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません。」などといったことをブログで書いたことから、非難が殺到し、ブログは削除されました。
その後、議員であるにも関わらず、思慮に欠けた不適切な表現を公開しました、と謝罪会見を開き、それからも苦情や議員辞職を要求するメールがやまなかったとされ、その後悔と苦痛で、自殺を図ってしまったのかもしれません。
後援会幹部からは、「元気がなくなりました。何も食べれません。」といった話が当の本人からあったようで、奥さんから、「夫の携帯に電話してもつながらない。」と相談をされたことから、捜索が始まりました。
悔やむのであれば、最初からそういった暴言をはかなければ良いと思いますし、亡くなったら、悲しむのは家族であって、家族のことも考えないで、自分勝手な人だと思いました。
番号で呼ぶのは、個人情報を保護する為のものであって、それを一人でかっかとして、勝手に解釈してしまうような性格の人は、やはり議員向きではないと思います。
しかし、亡くなるなんて、やっぱり残念ですね。
ご冥福をお祈りします。